板橋区、社労士 板橋区、社労士

いつでも、どんなことでも お気軽にご相談ください。初回相談無料です。

飲食業界の労務管理を考える

飲食店の人手不足が叫ばれております。

飲食業界の市場規模は縮小しておりますが、実は店舗数は減っていないというデータがあります。
つまり1店舗あたりの利益が減っているということでしょう。

ではなぜ飲食店の人手が不足するのでしょうか。

主な考えられる理由
➀給料が安い
➁休みが少ない
➂労働時間が長い

では人手不足を解消するにはどうすれば良いでしょうか。

➀今いる従業員を大切にする。(アルバイトにも有休を与える。しっかりと昇給をする。等)
➁のれん分けやFCなど「独立制度」の導入(モチベーションの高い人材を採用できる可能性が高くなる)
➂根性論をやめる。(未だに根性論をかざす経営者や上司が結構いるらしい)

飲食店は独自の経営手法をとっているお店も多いですが、社労士等専門家の意見を取り入れて、「働きたいと思うお店・従業員が定着するお店」を目指さないといけない時代になってきたのかもしれません。

みなさんはどう思いますか。