板橋区、社労士 板橋区、社労士

いつでも、どんなことでも お気軽にご相談ください。初回相談無料です。

日本年金機構の不祥事について

日本年金機構

年金機構が委託した情報処理会社のデータ入力ミスが原因で、2月支給分の年金の内10万4000人が計約20億円過少に支給されていました。

入力ミスは、年金受給者が所得税の控除を受けるために年金機構に提出した「扶養親族等申告書」で起きました。

年金機構は2人1組で手作業で入力するように同社に指示していたようですが、同社は機器に読み込ませてデータ化しており、読み取りにミスがないかのチェックもしていなかったとのことで驚きです。
さらに人手不足から500万人分の扶養家族の名前の入力を中国の業者に再委託していたことも判明しました。契約では再委託が禁止され、作業場所は国内に限定されていたので明確な契約違反です。
年金機構は実際の業務が契約内容と異なっていることを昨年10月時点で把握していたが、代わりの業者が見つからないとの理由で契約を継続し、追加データを渡していたとのことで本当に呆れたものです。

年金機構は2015年に約125万件の情報が流出してマイナンバーとの連携が延期になり、昨年は総額約600億円の年金支給漏れが発覚するなど不祥事が相次いでます。

年金機構を信頼できる日は果たして訪れるのでしょうか。