板橋区、社労士 板橋区、社労士

いつでも、どんなことでも お気軽にご相談ください。初回相談無料です。

ねんきん定期便について

「ねんきん定期便」は、国民年金および厚生年金保険の加入者(被保険者)の自宅に毎年、基本的にハガキで送られてきます。

「ねんきん定期便」は、誕生月に手元に届くように送付されてきます。  
ただし、1日生まれの方は、誕生月の前月に手元に届くようです。


この「ねんきん定期便」ですが50歳以上と50歳未満で老齢年金の見込額(これまでの加入実績に応じた年金額)の記載内容が異なります。

50歳以上の方の場合は、現在加入している年金制度に、60歳まで同じ条件で加入し続けたものと仮定して計算した老齢年金の見込額を表示しています。    
一方、50歳未満の方の場合は、これまでの加入実績(「ねんきん定期便」でお知らせしている年金加入記録)を基に計算した老齢年金の額を表示しています。
つまり50歳以上の「ねんきん定期便」は実際にもらえる老齢年金の額をよりイメージしやすいように、60歳まで先に計算して表示しているわけです。


又、35歳、45歳、59歳の年にはハガキでなく、「封書」の「ねんきん定期便」が送付されてきます。
「封書」の「ねんきん定期便」には、年金加入記録の確認方法などを詳しく記載したパンフレットや、お知らせした年金加入記録に「もれ」や「誤り」があった場合に提出する「年金加入記録回答票」が同封されています。


平成31年4月に発送するハガキから、文字数を半分に減らして分かりやすくし、受け取り開始の年齢を遅らせて月々の受給額を増やす方法も明記されます。
このタイミングでご自身の年金額を、今一度確認してみてはいかがでしょうか。