板橋区、社労士 板橋区、社労士

いつでも、どんなことでも お気軽にご相談ください。初回相談無料です。

女性の活躍を推進した企業の助成金があります!(両立支援等助成金)

両立支援等助成金

両立支援等助成金の女性活躍加速化コースとは?

両立支援等助成金とは、仕事と家庭の両立支援や女性の就業・活躍推進に取り込む中小企業に対して支払われる助成金です。その中の1つとして、女性活躍加速化コースがあります。※助成金は借金ではありませんので、一度支給されれば原則返金の必要はありません。しかも使用用途は自由です。

実は、この助成金の背景に女性活躍推進法の存在があります。この法律は、2016年4月よりスタートしている「女性の職業生活における活躍の推進に関する法律」という長いタイトルの法律の略称です。日本にはまだまだ働ける女性がいるのだからもっと働いてもらうために、女性管理職の割合を高めたり、育休復帰後に正社員を目指せる環境を作ろうという趣旨です。

 

中小企業(常用労働者300人以下の企業)が女性活躍加速化コースでもらえる金額は?

・【加速化Aコース】※取組目標達成時 28.5万円
・【加速化Nコース】※数値目標達成時 28.5万円
・  女性管理職比率が基準値以上に上昇  47.5万円 ←中小企業の場合女性管理職の割合が15%以上

本助成金は「加速化Aコース」と「加速化Nコース」があり、それぞれ申請時期が異なります。申請には女性の活躍の現状把握や課題の分析、それにともなう数値目標、取組目標、行動計画の策定と公表が必要です。

加速化Aコース
・申請は行動計画期間内に取組計画を達成し、取組実施状況を公表する必要がある
・1つの数値目標に対して複数の取組目標を設定している場合、いずれか1つの取組目標を達成した時点で支給申請が可能

加速化Nコース
・取組目標達成日の翌日から3年以内に数値目標を達成し、達成情報を公表する必要がある
また、両コースのことなる点と共通する申請時期については以下のとおりです。
・複数の数値目標を設定している場合、いずれか1つの数値目標を達成した時点で支給申請が可能

加速化Aコース、Nコース共通
・目標を達成した日の翌日から2ヶ月以内に申請を行う

 

申請のステップ

ステップ1: 女性の活躍の状況把握を行い、自社の女性の活躍に向けた課題を分析
ステップ2: 数値目標と取組目標を盛り込んだ行動計画の策定・公表等と、活躍状況の公表
ステップ3: 行動計画期間内に「取組目標」を達成 →「加速化Aコース」の申請
ステップ4: 3から3年以内に「数値目標」を達成、達成状況を公表 →「加速化Nコース」の申請

 

本助成金の重要ポイント

本助成金の重要ポイントは、企業内の女性活躍における数値を公表しなければならないという点です。他の助成金ではあまり求められることのない条件の為注意してください。
その方法ですが「女性の活躍推進企業データベース」http://positive-ryouritsu.mhlw.go.jp/positivedb/というサイトに登録することで公表します。

 

両立支援等助成金制度は本来、女性の活躍推進のために設けられた制度です。本助成金は自社の現状把握と分析をしっかりと行い、適切な計画立案や目標設定をします。女性が活躍しやすい職場を作る為にもこの助成金を有効に活用しましょう。

 

 

→助成金に関してお気軽にご相談ください。当事務所は営業を一切いたしません。
【HPのお問い合わせフォーム若しくはメール➔info@yamamoto-syaroshi.comまで】