板橋区、社労士 板橋区、社労士

いつでも、どんなことでも お気軽にご相談ください。初回相談無料です。

日大アメフト部監督解雇無効で提訴

日大アメフト部の内田正人元監督が、解雇無効を求めて提訴しました。

立件見送り無罪後の動向が注目されていましたが、「選手を守るために嘘の証言をした」として解雇無効を要求しているのです。
空いた口がふさがらないですね。

刑事裁判にかけられる可能性があった内田正人元監督ですが、警視庁は傷害罪で刑事告訴されていた日大の内田正人前監督と井上奨前コーチについて、宮川泰介選手に対し相手を負傷させる危険なタックルをするよう指示した事実は認められないと判断しました。

警視庁は捜査1課の殺人事件担当や課内のアメフト経験者、競技場を管轄する調布署員らからなる特別捜査チームを編成。
アメフット部の関係者や競技の専門家ら約200人から事情聴取したほか、試合を複数の角度から撮影した動画を解析。
記者会見などでの関係者の発言についても裏付け捜査を行いました。

その結果、宮川選手に対し2人が相手にけがをさせるよう仕向けた言動は確認されなかったということです。
「潰せ」という言葉も「強いタックル」などの意味で一般的に使われており、ルールを逸脱し、相手を負傷させることを意図したものとはいえないと判断したようです。

宮川選手は記者会見などで「けがをさせるのが目的で、監督やコーチの指示だった」と説明しましたが、内田氏らは「反則やけがをさせることを意図した指示はしていない」と否定していました。
選手の主張は認められなかったということになります。

もし裁判で「解雇は無効です」と認められたら内田氏は復職できる可能性が高くなります。
私としては裁判で「解雇は有効」と是非なって欲しいところです。